人気ブログランキング | 話題のタグを見る
シトロエンC4ピカソからマツダCX-30へ_a0076811_16003630.jpg
シトロエンC4ピカソからマツダCX-30へ_a0076811_16004259.jpg
2年ほど愛用したシトロエンC4ピカソでしたが、車検が6月に迫る中で考えました。車検を通して、乗るにはもう少し不具合の修理が必要でした。オイルレベル警告灯がどうしても消えない。オートライトとオートワイパーが作動せず。エンジンがオーバーヒートぎみ。まあセンサーや調整で治るかもしれませんが、けっこうな費用がかかる可能性もある。致命的な故障ではないのですが、心配です。ということで私のライフワークでもある「出来るだけたくさんの車を経験したい」という目標もあるので、ここは乗り換える事にしました。そこであまり乗ってこなかった車としてスバルが浮かびました。そして予算と取り回し、好みなど熟考してクロストレックという2リッターのFF車に決めて甲府のスバルまで行って実車確認してきました。ところが同じクラスにマツダのCX-30というがネット動画でアピールしてきました。このところのマツダデザインはカッコ良いなと常々思っていたところです。過去のマツダ車歴として実家にてカペラセダン、ルーチェセダン、がありました。自分でもファミリアセダン、ペルソナ4ドアクーペと乗ってきました。だからマツダ車には馴染みがあるのです。ましてや年明けにロードスターが納車されたわけで、またマツダかよという事になります。しかし両車の運転席に収まってみると、CX-30の方が高級感があり、好みのデザイン。外観もSUVクーペのようなスポーティーさがあって気に入りました。そんな次第で土壇場で結局またマツダ車という事になってしまいました。試乗はしていませんので、走りを自分で比べた訳ではありません。フィーリング(死語?)です。今回はダイハツウエイク以来の久々のリースです。2年で解約できるいつもの「今乗り君」です。月額65000円ほどですので2年乗ると二十四回の支払いで156万円。そこで次の新車に変えられるわけで、多くの車に乗りたい私には合っているのではと思い込むことにしています。3月11日にいつものラビットさんにC4ピカソが引き取られて行き、ちょうど一ヶ月後の4月11日にCX-30が納車されました。まだそんなに乗っていませんが、今のところすこぶる快適です。ただナビソフトを買わなかったのでアンドロイドオートの導入に試行錯誤で苦労しました。今はマニュアルがネット閲覧なので、面倒でほとんど見ずに設定していたので手間取りました。今はほぼ手順がわかり、グーグルマップとアマゾンミュージックが利用できています。ただ古いipodはさすが認識されませんね。ナビはSDカード1枚で6万円。いらないやと思いました。オプションでつけたのはドアバイザーとETCのみ。フロアマットもどうせ泥受けマットを乗せるので、買いませんでした。ただ次の冬になった時、スタッドレスタイヤをどうするかが問題です。2年のリースの場合はタイヤの後利用が不明なので在庫として持つか、売却を考えねばなりません。これが毎回悩みにタネです。軽自動車なら大抵、使い回しができるのですが、普通車だと次の車のタイプによります。そんなこんなで私のカーライフは続いて行きます。
# by nobeyamaso | 2024-05-11 16:18 | 車ブログ
ジュリーが自立出来なくなって、数ヶ月。どんなに好きなものも食べられなくなり、ついに24年2月2日、旅立ち。ジャックは23年の8月に旅立ち、五ヶ月ほどでの時間差でジュリーも逝ってしまいました。2頭で都合3年ほども介護し、できうる限りの愛情は注いだと思っています。このブログタイトルの「スタンダードプードルとテイストフルカーの旅」も変更せざるを得なくなりました。もう我が家にはスタンダードプードルがいないのですから。初代のジャンから数えて26年の長きにわたり、スタンダードプードルと暮らしてきました。千葉のブリーダーさんが自ら連れてきてくれた初代のジャン、その美しさ、天使のような真っ白の巻毛に見惚れ、全てが愛おしく、毎日に幸せを感じました。1日に五回も散歩に行ったものです。でもなかなかトイレを覚えなくて、あちこちで粗相をして困りました。大人になってからは外耳炎や胃腸の弱さ、各所の腫瘍の処置に苦労しました。またべったり育て過ぎて自立できず、1匹にする事ができなくなってしまったのは失敗でした。しかも体は大きく33キロもありました。そのジャンは12歳ほどで具合が悪くなり、わりとあっけなく逝ってしまいました。しかもお盆の最中で、その始末は地獄の忙しさだったのを思い出します。悲しみに沈みましたが、その年の暮れ、性懲りも無く今度は三重のブリーダーさんから2代目スタンプーを生体配送で仔犬を送ってもらい、諏訪の西濃運輸に引き取りに行きました。当時はそんな商売が可能だったのです。今ではそんなやりとりはあり得ませんね。名前はジュリーくん。その帰り車中のおすまし顔が今でも忘れられません。それがあんなにヤンチャなスタンプーに育つとは。そしてそれからあまり時を経ないでシルバーブラックのジャックを岩手のブリーダーさんから生体配送で届けてもらいました。ジャックはすでに3歳ほどの里子でした。毛色が本来のブラック系ではなく、茶色に変色するほど栄養状態が悪かったです。歯もほとんどすり減っていて、ケイジでもかじって、大変ひもじい思いをしてきたようでした。なのでどんなフードでも全て噛まずに飲み込んで、あっという間にたべてしまいます。たそのため食べにくくするフードボールを買ったほどでした。そんなジャックも我が家に来てからは毛のツヤも回復してきたのですが、散歩もしてもらったことがないらしく、真っ直ぐあるくことができず側溝に落ちたり溝にはまったりと、まともに歩けるようになるまで時間がかかりました。ジュリーも5歳くらいまでは人前に出すのも恥ずかしいくらいの落ち着きの無さでした。そんな2頭と先住犬で2頭のトイプードル(白のパールと黒のハル)の折り合いが難しく、ハルとジュリーは仲が良く、ジャックとは合いませんでした。ジュリーとジャックはつかず離れず。パールは他のどの犬とも仲が悪かったです。4頭の散歩はなかなかの景色でした。トイプードルたちもそれぞれ健康問題があり、パール7歳、ハルは12歳と数年前に亡くなり、スタンプー2頭ともついに別れが来てしまいました。26年ぶりの愛犬の居ない生活。なにか張り合いがありません。夫婦のかすがいを無くしたようで、会話もはずみません。しかし私ももうすぐ70代。今回の3年介護生活を考えると、おいそれと次の愛犬などど気軽には手がでません。しばらくは、愛犬無しの生活を堪能してみるのも良いかなと思っております。先のことは解りませんが、毎日楽しく暮らすにはどうすべきかを模索してみようと思います。介護が気に掛かり、この3年ほどは好きなカーライフも楽しめませんでしたので、この機会にやりたかった、バイクの林道ツーリングやエブリーキャンパーでのオートキャンプなどにチャレンジしようかと考えています。前向きに生きねばね〜。ありがとうジュリー&ジャック_a0076811_15282512.jpeg
ありがとうジュリー&ジャック_a0076811_15271550.jpeg
ありがとうジュリー&ジャック_a0076811_15044523.jpegありがとうジュリー&ジャック_a0076811_15142600.jpegありがとうジュリー&ジャック_a0076811_15065691.jpegありがとうジュリー&ジャック_a0076811_15241619.jpegありがとうジュリー&ジャック_a0076811_15210094.jpeg

# by nobeyamaso | 2024-02-29 15:41 | スタンダードプードル
Japanese Healey Sprite NC2ロードスター納車_a0076811_18521076.jpeg
Japanese Healey Sprite NC2ロードスター納車_a0076811_16004944.jpg
Japanese Healey Sprite NC2ロードスター納車_a0076811_16000010.jpeg
2024年2月3日。2011年製の3代目マツダロードスターNC2が納車されました。販売店は埼玉です。ネットの写真だけで判断し、鑑定書があったのでそれに賭けました。走行は10万キロで乗り出し合計価格が93万円ほどでした。4輪アライメントは調整しました。中型のバイクほどの価格ですね。色はダークブルーメタリックでRHT(リトラクタブルハードトップ)のVSという通常グレードです。後で気付いたのですがRSという上級グレードだとレカロシートとBOSEサウンド、シートヒーターなどが付くようなのです。で失敗したかと思ったのですが、そうなると価格も160万円ほどになるのでやっぱりこれでいいやと思いました。私は1950年代の英国スポーツカー、オースチンヒーレースプライト(通称カニ目)が大好きなのですが、このNC2ロードスターがそれに最も似てると思っています。スプライトの実車を維持する根性はありそうも無いので、ロードスターにその代わりを託したわけです。NCロードスターも1期2期3期とマイナーチェンジがあり、この2期目のデザインがクロームグリルで笑顔が強調されて最もスプライトに似ていると思っています。残念ながら丸目ではないのですが、正面から見た顔が満面の笑みを浮かべているように見えませんか。納車されての実車はまずまず綺麗で紺色のカラーも渋くて気にいっています。ただRHTの稼働ルーフ部分にクリア剥がれのスレがあり、いづれは直したいところです。乗ってみるとステアリングがダイレクトで細かな路面の衝撃も伝わってきました。足回りはブッシュ類やショックなど10万キロ超えなのでこれもいづれ交換したいなと思いました。なにせ冬季なのでスタッドレスタイヤが必須のため、速攻でオートウェイという大手のネットショップでロードスター用のホイール付きセットを購入しました。ホイールも色々選べて気にいったのが付けられます。めちゃめちゃ安いし、すぐ送ってくれて便利です。今回はBSではなく、評判のナンカンという台湾のメーカーです。自分で装着して走ってみると、これが足回りを交換したように乗り心地が良かったです。グリップも良いし、夏タイヤもナンカンでいいかと思いました。RHTなので閉めて走ると、あちこち異音が出ているようで、シリコンスプレーをかけて誤魔化しています。そしてナビが今は無き、なんとサンヨー製。ところがこの性能が抜群でした。もちろんナビ性能は地図が古いため、参考程度ですが幹線道路や高速は使えます。そして嬉しいのはipodのケーブルが付属していて私の古いipodがそのまま使えることです。新しいナビ機ではこうはいきません。そしてブルーツースも搭載されているためスマホからアマゾンミュージックが再生できます。ステアリングスイッチで操作でき電話も接続でき、ハンズフリーで快適です。しかも音もけっこう良いですし、オープンに対応していてその状態でも十分に音楽が楽しめます。上級グレードのBOSEサウンドシステムだとナビがつかないようなので、これでよかったのかもと考えているところです。春になってドライブできるようになったらまたレポートしようと思っています。できるかな?
# by nobeyamaso | 2024-02-08 19:05 | 車ブログ

宿主人のアウトドアライフとカーライフについてのぐだぐだ


by yamayado