人気ブログランキング |
a0076811_12354327.jpg
a0076811_12112365.jpg
a0076811_12113573.jpg
a0076811_12351102.jpg
年に一回のブログになっていますね。困ったものです。愛車遍歴に変化がありましたので久々に記します。911からボルボのC70に乗り換えてちょうど4年が経ちました。大変良い車で、あまりスポーティーでは有りませんが(それも解ってました)、私のペースと波長にも合っていたみたいです。オープン姿もクーペ姿も大変美しく、ボディーラインは今もお気に入りです。色もセレスティアルブルーという綺麗な色でした。乗り心地もよく、ゆったりした気分にさせてくれます。今は中国資本で素晴らしい勢いのボルボですが、当時の提携関係でこの車はフォードと同じプラットフォームだったと思います。ボディー剛性はあまり高くないですね。でも後席も二人がきちんと座れ、割と長時間も大丈夫です。東京モーターショウに乗って行ったのが最長距離ですね。三つ折れのルーフ格納アクションは楽しいです。とまあそんなこんなで4年乗っていたのですが、いかんせん車庫の中の時間がやっぱり長かったです。距離も1万キロ程度しか延びていません。それと言うのも旅行や買い物の時には使わない、いや使えないからです。夫婦と大型犬2頭で旅行や買い物にはどうしても無理があり、A4やウエイクを使ってしまいます。乗りたいのはやまやまなのですが出番が少ないです。勢い純粋にドライブのために乗る車ということになります。小型犬一匹くらいなら問題なかったのでしょうが、大型犬2頭はやはり問題でした。そこでやはり車は乗ってなんぼじゃということで、新しい候補を考え始めました。それならA4が有るでしょという話なのですが、こちらは私としては賞味期限が過ぎてしまっています(でもこのデザインは今のA4と比べてもこちらの方がカッコイイと思っています)。手放してもいいのですが家内が乗るというので維持も家内に移行してお好きにどうぞと言う感じです。A4はワゴンであるにも関わらず、低くスポーティーです。その分あまり荷物は沢山積めません。シートはタイトで頭上は低く、乗り降りがしずらく、圧迫感が大きいと感じます。その点ウエイクは乗りやすく明るく広々感があって大好きです。旅行にも見晴らしが良くて気分が良いです。と言う訳で、ボルボの後がま探しだったのですが、前から気になっていた車があったのです。それがシトロエンのC4ピカソです。他の選択肢はほとんど無かったですね。しいて言えば同じシトロエンのDS5でしょうか。こちらもかっこいいのですが、やはりカッコ優先であまり荷室が広くありあせん。大型犬2頭は無理そうでした。価格的にも旨味がありません。そこにいくとC4ピカソは不人気車なのか、やたら価格がこなれています。日本車で同じようなタイプで年式だとマツダのビアンテという車が有るのですが、今では覚えている方も少ない不人気車(私はけっこう好き)が同価格帯のようです。同年式のエスティマだと倍の価格ですね。何と250ccのバイクの新車と同じような価格です。これならボルボを出して行ってこいなら満足です。
# by nobeyamaso | 2018-12-14 13:50
また久々のブログになってしまいました。知人のご紹介で念願のヨット体験をしてまいりました。場所は海ではなく、山国信州ならでは諏訪湖です。今年の春から、何回か計画はあったのですが諏訪湖独特の水環境のデリケートさが原因で延期を余儀なくされてきました。つまり雨不足による水深の減少、高温による藻の大量発生等。水深の浅い諏訪湖ならではの要因によるものでした。それがようやく諸処の条件をみたし、実現できました。今回知人のNさんをスキッパー(船長)にクラブメンバーのIさん、Mさんがクルーとして同乗してくださり、ビジターの私をサポートしていただきました。諏訪湖の天気はあいにくの曇りで場所によっては小雨といった状況でしたが、風が3から4メートルほどの適度の強さで初クルーズには適当だったようです。ハーバーの出入り口の水深が浅く、通れるコースがごく狭くて一番の難所でした。そこはエンジンによる機走で切り抜け、500メートルほども沖に出て、帆走状態が安定したところで、ティラー(舵)を握らせていただきました。風を効率よく受けながら、船をまっすぐ進ませるのはなかなか難しい作業です。ティラーの微妙な重さの変化を実感でき、貴重な体験ができました。初めてにしては大変上手だと言って頂き嬉しかったです。あっという間の2時間ほどのクルーズでした。みなさんありがとうございました。諸処の都合をつけてまた来春以降にということでお開きとなりました。
a0076811_21502958.jpg

# by nobeyamaso | 2017-10-13 21:53
一応書斎らしく見せるためにデスクを置きました。これは英国調ではなく、イタリアっぽいロココ調デザインです。英国調のデスクは機能、デザイン、値段が適当なものがなかなか無かったのでこちらに落ち着きました。椅子は英国調のキャプテンチェアを見つけたので間に合わせました。そしてサイドに休憩用、小ぶりの2人がけビンセントソファーを配しました。すでにジュリーが占領しております。ローテーブルは母が使っていた物を流用。絨毯類は買い置きがあったので、とりあえず置いてみましたが、まあいいかと言う感じです。あとIKEAの照明類に良いデザインのデスクライトとスタンドがあったのでチョイス。まあ机仕事は事務所でしますのでこちらにはパソコンも無し。いかに気持ちよく部屋飲みができるかを考えたようなものです。
階下は好きな車のガレージとなっていて良いのですが、車が書斎から見えないのが残念です。ガレージにはエレベーターで降りる事ができるようになっています。これも両親用の車椅子対応バリアフリーのための設備ですが、私は便利に使わせていただいております。
a0076811_17433365.jpg

# by nobeyamaso | 2017-03-13 17:51

スタンダードプードルとの生活とカーライフについてのぐだぐだ


by yamayado